トークが苦手なら難波の風俗求人へ

風俗嬢になる前は、風俗嬢というのはとりあえず裸になって性的なサービスを頑張っていれば稼げるものだと思っていました。キャバクラと違い、トークがうまくなくても稼げると聞きましたし、ノルマなども無いのでその分は気楽にやれると思い、ただ性的な事を我慢できれば大丈夫、と思っていたんです。
ですが、いざ風俗嬢になって気づいたのは、トークがどれほど大事かという事でした。1時間コースの中でトークが占める割合がかなり大きくなる事もあり、トークを頑張らなければお客様を満足させることは不可能だと感じたのです。

1時間のほとんどを、エッチな事ばかりしたがるお客様というのは本当に稀で、ほとんど会った事がありませんし、中にはエッチな事はほんの5分くらいであとはトークというお客様もいたので驚きました。また、30分はトークというお客様はとても多かったです。
とはいえそれは、ヘルスの風俗店での場合ですから、他の業種ともなればまた事情が変わってくるかと思います。

とにかくトークというのは風俗嬢にとってもとても重要で、トークでどれだけお客様を精神的に満足させたかによって、その方のお気に入りになれるかどうかが決まってくるのです。トークで気に入ってもらえなければ、だいたいそれっきりとなることが普通ですから、とにかく笑顔で一生懸命話を楽しそうに話を聞くようにしましょう。

大阪のお客さんなんかは自分からぼけてくる人が多いですから話をするのが苦手な人でも割と働きやすい環境だと思いますよ。大阪なら難波風俗求人がやっぱり王道ですかね。競争エリアなんでやっぱり嬢に対する待遇もいいですよ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ